Timbre Kendama -oto no utsuwa-

音の器

This item is designed by Yasuhiro Suzuki.
Deep black Kendama with unique oval shaped ball is
an expression of music note.
Based on Timbre's brand theme that item is something related
to sound, this Kendama is designed to enjoy the sound in playing.
Please play as much as you can to feel Kendama's attraction,
and please also enjoy it as an interior decoration.

Size:approx.W70×H178×D65mm (when a spike catches a ball)

Weight:(Body: approx.53g / Ball: approx.87g)

Material:wood(beech)/paint finish


suzuki_yasu

Designer Profile

鈴木康広

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。

2001年NHKデジタル・スタジアムにて発表した公園の回転式遊具グローブ・ジャングルを利用した映像インスタレーション「遊具の透視法」 が年間の最優秀賞を受賞。オーストリア・リンツで開催されるメディアアートの祭典 アルスエレクトロニカ・フェスティバルへの出品をきっかけに国内外の多数の展覧会やアートフェスティバルに 招待出品。

2002年、『椅子の反映inter-reflection』(2001)がフィリップモリスアートアワードにて大賞を受賞。

 同年より東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手を務め、東京大学先端研を拠点に活動を開始する(2006年より廣瀬・谷川研究室特任助教)。 2003年に発表した『まばたきの葉』はスパイラルガーデンでの発表後、美術館のみならず多くのパブリックスペースへ展開を続けている。

 原研哉ディレクション「SENSEWARE」、深澤直人ディレクション 「Chocolate」、三宅一生ディレクション「XXIc.21世紀人」などデザインのイベントや展覧会に参加。

2009年、羽田空港で開催されたDigital Public Art in HANEDA AIRPORT 「空気の港」の展示アートディレクションを担当し、作品『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。翌年プロジェクトをまとめた書籍 『Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 テクノロジー×空気で感じる新しい世界』を刊行(共著/美術出版社)。

2010年、瀬戸内国際芸術祭2010では『ファスナーの船』を出展し話題を呼んだ。

2011年、浜松市美術館での個展を中心に、浜名湖での「ファスナーの船」、商店街や市役所でのプロジェクトを行った。浜松市教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞。作品集 『まばたきとはばたき』(青幻舎)を刊行。

 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。

2001年NHKデジタル・スタジアムにて発表した公園の回転式遊具グローブ・ジャングルを利用した映像インスタレーション「遊具の透視法」 が年間の最優秀賞を受賞。オーストリア・リンツで開催されるメディアアートの祭典 アルスエレクトロニカ・フェスティバルへの出品をきっかけに国内外の多数の展覧会やアートフェスティバルに 招待出品。

2002年、『椅子の反映inter-reflection』(2001)がフィリップモリスアートアワードにて大賞を受賞。

 同年より東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手を務め、東京大学先端研を拠点に活動を開始する(2006年より廣瀬・谷川研究室特任助教)。 2003年に発表した『まばたきの葉』はスパイラルガーデンでの発表後、美術館のみならず多くのパブリックスペースへ展開を続けている。

 原研哉ディレクション「SENSEWARE」、深澤直人ディレクション 「Chocolate」、三宅一生ディレクション「XXIc.21世紀人」などデザインのイベントや展覧会に参加。

2009年、羽田空港で開催されたDigital Public Art in HANEDA AIRPORT 「空気の港」の展示アートディレクションを担当し、作品『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。翌年プロジェクトをまとめた書籍 『Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 テクノロジー×空気で感じる新しい世界』を刊行(共著/美術出版社)。

2010年、瀬戸内国際芸術祭2010では『ファスナーの船』を出展し話題を呼んだ。

2011年、浜松市美術館での個展を中心に、浜名湖での「ファスナーの船」、商店街や市役所でのプロジェクトを行った。浜松市教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞。作品集 『まばたきとはばたき』(青幻舎)を刊行。

2015年、『感じ』 をデザイン 2014毎日デザイン賞 受賞

 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室協力研究員。