Timbre Kendama

音の器

アーティスト 鈴木康広によるプロダクト。
音符をイメージした楕円の玉と真っ黒なスタイルのけん玉です。
音をテーマにしたブランドとして、
遊ぶ時の「音」にしっかりとこだわってデザインしました。
飾る楽しみと共に、
ぜひ使い込んで魅力を感じてください。

Size:W70×H178×D65mm

Weight:本体:約53g/玉:約87g

Material:木製(ビーチ)塗装仕上げ

 

oto_illust_01_350p


価格:6,500 円(税込7,020 円)


oto_02_300p_MG_4244_300p_MG_4228_300p

真っ黒なスタイルが目を引くと思いますが、
実は、写真のように玉をぶら下げると、音符の見立てになっています。
ですから、玉は楕円で全体は黒い仕上げになりました。

suzuki_yasu

Designer Profile

鈴木康広

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。

2001年NHKデジタル・スタジアムにて発表した公園の回転式遊具グローブ・ジャングルを利用した映像インスタレーション「遊具の透視法」 が年間の最優秀賞を受賞。オーストリア・リンツで開催されるメディアアートの祭典 アルスエレクトロニカ・フェスティバルへの出品をきっかけに国内外の多数の展覧会やアートフェスティバルに 招待出品。

2002年、『椅子の反映inter-reflection』(2001)がフィリップモリスアートアワードにて大賞を受賞。

 同年より東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手を務め、東京大学先端研を拠点に活動を開始する(2006年より廣瀬・谷川研究室特任助教)。 2003年に発表した『まばたきの葉』はスパイラルガーデンでの発表後、美術館のみならず多くのパブリックスペースへ展開を続けている。

 原研哉ディレクション「SENSEWARE」、深澤直人ディレクション 「Chocolate」、三宅一生ディレクション「XXIc.21世紀人」などデザインのイベントや展覧会に参加。

2009年、羽田空港で開催されたDigital Public Art in HANEDA AIRPORT 「空気の港」の展示アートディレクションを担当し、作品『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。翌年プロジェクトをまとめた書籍 『Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 テクノロジー×空気で感じる新しい世界』を刊行(共著/美術出版社)。

2010年、瀬戸内国際芸術祭2010では『ファスナーの船』を出展し話題を呼んだ。

2011年、浜松市美術館での個展を中心に、浜名湖での「ファスナーの船」、商店街や市役所でのプロジェクトを行った。浜松市教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞。作品集 『まばたきとはばたき』(青幻舎)を刊行。

 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。

2001年NHKデジタル・スタジアムにて発表した公園の回転式遊具グローブ・ジャングルを利用した映像インスタレーション「遊具の透視法」 が年間の最優秀賞を受賞。オーストリア・リンツで開催されるメディアアートの祭典 アルスエレクトロニカ・フェスティバルへの出品をきっかけに国内外の多数の展覧会やアートフェスティバルに 招待出品。

2002年、『椅子の反映inter-reflection』(2001)がフィリップモリスアートアワードにて大賞を受賞。

 同年より東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手を務め、東京大学先端研を拠点に活動を開始する(2006年より廣瀬・谷川研究室特任助教)。 2003年に発表した『まばたきの葉』はスパイラルガーデンでの発表後、美術館のみならず多くのパブリックスペースへ展開を続けている。

 原研哉ディレクション「SENSEWARE」、深澤直人ディレクション 「Chocolate」、三宅一生ディレクション「XXIc.21世紀人」などデザインのイベントや展覧会に参加。

2009年、羽田空港で開催されたDigital Public Art in HANEDA AIRPORT 「空気の港」の展示アートディレクションを担当し、作品『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。翌年プロジェクトをまとめた書籍 『Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 テクノロジー×空気で感じる新しい世界』を刊行(共著/美術出版社)。

2010年、瀬戸内国際芸術祭2010では『ファスナーの船』を出展し話題を呼んだ。

2011年、浜松市美術館での個展を中心に、浜名湖での「ファスナーの船」、商店街や市役所でのプロジェクトを行った。浜松市教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞。作品集 『まばたきとはばたき』(青幻舎)を刊行。

2015年、『感じ』 をデザイン 2014毎日デザイン賞 受賞

 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室協力研究員。